国内旅行に保険は必要なし?

よく航空機を利用して国内外に旅行に行く際、何らかの形で保険に加入することをすすめられます。旅行期間にもよりますが、海外の場合は身を案じて加入する人が多い一方、国内旅行の場合は未加入という人も多いのが現状です。 そもそもこの旅行に関する保険は「旅行傷害保険」と呼ばれるため、特段怪我をするような航空機事故にでも巻き込まれない限りは無縁のようにも感じてしまいます。さらに、旅行が終わってしまえば適用から外れる「掛け捨て型」であるという点から、加入することにメリットを感じない人が多いため、特に安全性が高いとされる国内旅行での加入比率は低いとされています。しかし、実際旅行傷害保険には様々な補償が付帯していることから、一過的な国内旅行であっても加入するメリットは大変大きいのです。

旅行傷害保険のメリットとは?

旅行傷害保険最大のメリットは、やはり旅行において何らかの傷害が発生した際、しっかりと補償してくれるという点です。しかもその額は掛け捨て型ゆえに決して少ない額ではなく、万が一の事態にもしっかりと対応してくれる質と規模を誇ります。 さらに、この保険独自の補償も付帯します。例えば携行品が破損した場合の補償や、航空機の不時着などによって救援が必要になった際にかかる費用も拠出してくれます。旅行傷害保険の中には旅行で留守にしている間、自宅が盗難被害に遭った際にも補償してくれるものもあるというから、その補償範囲の広さには驚かされます。 しかし、何と言っても特徴的なのは、やはり加入の手軽さでしょう。煩雑な手続きも必要無く幅広い補償を受けられる保険は、この旅行傷害保険を除いては、あまり類を見ないと言っても良いでしょう。