プラハの歴史を感じさせるプラハ城

チェコのプラハを訪れた際に多くの観光客が足を運ぶプラハ城は、驚くほど広い敷地で様々な建築物を楽しむことができます。プラハ城はプラハ西岸に位置しており、プラハ市街を見下ろすことのできる小高い丘に建っています。敷地には旧王宮や宮殿、教会、修道院といった施設がある他、絵画をみることのできる美術館もあります。プラハ城の正門は南西のフラッチャ二広場の近くにあり、時間によっては門の脇に立つ衛兵の交代式を見ることができます。そして聖ヴィート大聖堂では多くの美しいステンドグラスが色鮮やかに光を放っています。その中でもチェコ人のミュシャの作品は見る人を魅了させる美しさを放っており、多くの観光客の足を止めています。また子供から大人まで楽しむことのできるおもちゃ博物館も人気です。

チェコの歴史と文化がつまった人形劇

チェコでは人形劇が盛んに行われており、街を歩くと至る所にマリオネットの店を見ることができます。人形劇はチェコ語を禁止されていた時代、チェコ語を用いることを許された娯楽であり、今日に至るまで大切に受け継がれてきた貴重な文化です。観光客がよく訪れる国立マリオネット劇場では、モーツァルトのオペラであるドン・ジョヴァン二を鑑賞することが可能となっています。人形劇といっても子供だけでなく大人も楽しむことのできるクオリティの高いものとなっており、手足の細やかな動きや表情、見入ってしまうパントマイムで表現豊かな舞台となっています。どの劇場も夕方から夜にかけて行われることが多く、夕食後に楽しむことのできるスポットとなっています。